ワクワクメールのポイント(P)とサービスポイント(S)の違いについて

ワクワクメールは、無料でポイントをたくさんもらえて便利なのですが、ポイントは2種類存在しちょっとややこしくなっています。 そこで、ポイントとサービスポイントの違いをまとめてみました。

ポイントとサービスポイントの違い

ワクワクメールには、通常ポイントとサービスポイントの2種があります。

通常ポイント

ワクワクメールの管理画面で「P」と表示されます。主にポイント購入時などで付与されたポイントになります。 「P」のポイントは、有効期限がありません。

サービスポイント

ワクワクメールの管理画面で「S」と表示されます。主に無料でポイントが付与された時のポイントは、サービスポイント扱いになります。 「S」のポイントは、ポイントが付与されてから180日間の有効期限があり、180日を過ぎてしまうと自動的に失効してしまいます。

モバイラーズポイント

ワクワクメールの管理画面で「M」と表示されます。WebMoneyや携帯プリペイドカードなどと交換することができるポイントです。 あまり使わないポイントです。

ポイントの素朴な疑問

どちらのポイントも価値は同じ

ポイントが2種類存在して、ポイント価値が異なると勘違いされる人がいますが、どちらのポイントも「1ポイント=10円」の価値になります。

どちらが優先される?

ポイントが消費される時は、有効期限があるサービスポイントから消費されていきます。サービスポイントが0になると、通常ポイントが消費されるようになります。 また、有効期限があるサービスポイントの中でも有効期限が迫っているものから自動的に消費されます。

サービスポイントは早めに使おう

大量にポイントがたまってから利用しようと溜めていると、いつの間にか失効している場合があります。よく、ポイントカードでよくみられる現象です。

ワクワクメール
無料登録 老舗サイト

女性向け雑誌や繁華街などに広告を出しているせいか女性の登録数が多いです。

また初回登録時にもらえる無料ポイントも多くもらえるため、お試しで利用することもできます。

累計会員数 運営開始 お試しポイント
1,300万人 2001年 100P